top of page
  • 執筆者の写真

泊まらない合宿 〜Day2_GAP2023

更新日:2月1日

2日目も元気よくスタートした泊まらない合宿!


1回生は1日目のまちあるきから、自分たちで伏見のまちあるき企画づくり。


まちあるき参加者に何を体験してほしいのか、どうしてそれを体験してほしいのか。小さな企画を練って実際にやってみるというプロセスを経験する時間です。マップを見ながら、訪れる場所の順番も工夫しているようでした。


上回生は1日目に考えたことをもとにプレゼンテーション。メンターやOBOGからもコメントをいただきました。


3回生は残りの活動期間を踏まえ、残りの期間の具体的なスケジュールやイベント実施を計画しているチームもありました。再設定や活動の見直しなどに取り組むタイミングです。



また、2日目はインプットタイムとしてゲストトークの時間も設けました。


伏見区で行政書士をしながら、まちの空き家問題に取り組む豊福さん。京田辺市にある福祉事業所で、障害のある人の仕事をつくる世古口さんにお越しいただきました。


お二人のお話をふまえて、感想共有や質問タイム。GAP生のさまざまな思いや疑問に、お二方とも熱心にこたえてくださいました。



お二人の対象者やまちの課題に対して取り組むまなざしから、課題のリアルさと対象者を中心にした事業づくりの重要性を感じているGAP生が多くいました。


自分たちが取り組みたいこと、取り組むべきこと、地域に求められていること。それぞれのバランスを大事にしながら、これからも活動を前に進めていきます。


GAP生のみなさん、2日間の合宿お疲れさまでした!


日頃とは少し違う雰囲気のなかで、さまざまな人と話し、考え、提案する2日間になったのではないでしょうか。今回の合宿を学びや刺激に留めず、ここから活動を加速させていきましょう!


Comments


bottom of page