みんなで考えるモチベーション、よいチーム_GAP2019 GAP Lab.October


今回は、毎月1回のチーム合同ブラッシュアップの場 GAP Labの日です。


各チームが地域や対象と向き合って取り組みをしている中で、なかなか活動について学ぶ、振り返るような場が持てないこともあります。また、せっかくいろいろな思いで集ったメンバー同士がもっとコミュニケーションをとっていくような場も作っていきたいということから、チームを超えて学ぶ時間を、GAP生自らの提案でとっています。


カリキュラムをただうけるのではなく、自分たちの学びを自分たちでつくっていくこともGAPとして大事にしているポイントです。



今回は、超参加型読書会 「アクティブ・ブック・ダイアローグ(ABD)」というワークショップを実施しました。ABDとは1冊の本を複数人でパート分けして読み、その内容について発表しあいディスカッションを行って深めていくワークショップです。


今回は「近頃の若者」について、上の世代から解説されている本をもとに、モチベーションについて考えるような場になりました。誰しもモチベーションがあがらないことや、優先順位が下がってしまうようなことがあると思います。どんなチームをつくると、地域もよくなる自分たちも楽しいのか、そんなことを考える時間になりました。



ここでの学びを学びで終わらせず、活動展開へつなげていってほしいと思います!

龍谷大学政策学部教務課

〒612-8577

京都市伏見区深草塚本町67
Tel: 075-645-2285

© 2018 龍谷大学政策学部