ぴあぴあさん×つたまーる

こんにちは! つたまーる2回生の荒田佳那恵です(*^-^*)


昨日Piers’n’Peers(通称ぴあぴあ)さんと一緒に今後の活動についてお話しさせていただきました。ぴあぴあさんは雑貨屋さんである一方で伏見の地域活性化をはかるまちづくりもされています。


今回はわたしたちつたまーるが外国人向けの広報誌を作っていくうえで”和文化”とは何なのか、日本・伏見のどんな魅力を伝えたいのかを一緒に考えました。 日本食のおいしさ、日本の景観の美しさ、日本人のマナー・心遣いなど伝えたい魅力は たくさんあるんですよね。

そこで広報誌の媒体の意味合いをもう一度考え、テーマ性をしぼって記事にすることの大切さを改めて考えなおさなければいけないなと思いました。

漠然な広報誌を作りたいという提案が企画として進みだし、協力していただける方もできて、今後の活動が楽しみになってきました♪


『具体案がないと人は動かない』 お話の中で出てきた言葉なのですが心にひびきましたね!

まずはわたしたちが動かなければ協力していただける方にも伝わらない、活動するうえで大切なことだと思います。

近い将来、広報誌を配布できるように頑張ります(^o^)


ぴあぴあさんとお話しさせていただけてよかったです! 今後もよろしくお願いいたします!

龍谷大学政策学部教務課

〒612-8577

京都市伏見区深草塚本町67
Tel: 075-645-2285

© 2018 龍谷大学政策学部