ここパレの壁

こんばんわ!

ここだけのパレット、通称ここパレのももちこと高藤もも乃です。

今日は、最近のここパレの状況を書きたいと思います。

10/7.8で南山城の村にてGAP合宿がありました。

GAP合宿では、具体的に居場所でなにをするかというのを考える上で事例マラソンというものを行いました。

その結果私達ここパレがつくりたい居場所は商店街じゃなくてもできるのではないか。そんな疑問がでてきました。確かに商店街でなくてもできる。ここパレのメンバーはただ商店街が好き、雰囲気が好き。その好きだけでやるのならただのサークル。そんな厳しいお言葉もいただきました。商店街の価値ってなんなんだろう。その答えはその合宿中にみつけることはできませんでした。いまもわからずままです。

また、私達ここパレは商店街のフィールドワークを行っていたものの実際に地域の人に話をきいたことがありませんでした。ここパレは地域のニーズや課題を知らなかった。そんな状態でやりたいことだけを考えていた。だからそれをいざ現実化しようとしたときになかなか話が進まない。

でも、この2日間の合宿はむだではなかったと思っています。ひとつ失敗としての成果がでました。

10/11のミーティングで商店街ではない場所で全く別のことをしようという案もでたものの、コワーキングで共有し先生方や先輩方の意見を聞き、改めて考えてみるとそれはここパレの本当のやりたいことなのかまた疑問に思い始めました。

いまここパレは商店街の価値とはなにか。

なぜ居場所をつくるのが商店街じゃないといけないのか。ということを主に話し合いをしています。

またはやくに地域の声を聞きに行かなければいけないと考えています。

チームメンバーみんなで必死に悩む日々です。

なかなか壁が崩れない。

でも、焦らず、ゆっくりがんばります。

応援よろしくお願いします。

龍谷大学政策学部教務課

〒612-8577

京都市伏見区深草塚本町67
Tel: 075-645-2285

© 2018 龍谷大学政策学部