竹やぶチップ!

こんばんは!

伏見わっしょい新党、1回生の出口です!


初めてで下手くそになっちゃいますが、よろしくお願いします!


昨日は伏見区深草の農家さんである杉井正治さんを訪問してきました(^^)

杉井さんはNPO法人「竹と緑」の理事長をされていて、将来につながる農業に尽力されている方です!


周りの竹やぶをきって後々法人化し、若い人たちが就職できるようにしたいとおっしゃられておられました!

切った竹やぶを捨てるのではなく、チップにして腐葉土にしておられました(^◇^)

竹をチップにしたものは自然の力で発酵しているため、とても温かったです!!

しかもその腐葉土にカブトムシの幼虫がいて腐葉土から栄養分をとり、夏になると成虫が辺りを歩いているそうです。


杉井さんの農園にはレモンやブラックベリー、栗やみかんなど合わせて50種類の野菜を育てておられると聞いてとても驚きました!!

習ったことを自分たちだけの満足で終わるのではなく、後輩などに受け継がれるようにするのが大事だとおっしゃられて、自分たちも後輩ができた時にしっかり残せるように理解を深めていきたいと思いました。


次回はレモンの収穫に伺わせていただきます!

観光農園をするにあたってや加工について、本当に今のわっしょいに必要な部分や目指していく部分を教えていただきいい機会になりました!!


杉井さん昨日はお忙しい中、時間をつくっていただきありがとうございました(^◇^)

龍谷大学政策学部教務課

〒612-8577

京都市伏見区深草塚本町67
Tel: 075-645-2285

© 2018 龍谷大学政策学部