月曜日に起こった嬉しい悲鳴

皆さんこんばんは!まなサポ+1の今は元代表となりましたかわしんです!

近頃朝方や夜は肌寒くなってきておりますが、皆さんいかがおすごしでしょうか?

私はついこの間墓参りをしに実家に帰ったのですが、家の手伝いだけして京都に戻ってくるという何しにいったのかもわからない

帰省をしておりました(´・_・`)

さて今回のご報告ですが、な、な、な、なんと新しい中学生が月曜日のフリスクに来てくれました!!

さらに!保護者の方が来られ、来週からまた1人増えることとなりました!!この日はたまたま大学生が少ない日でてんやわんやしてしまいましたが、ほっと一息ついた時にみんなで思わず笑ってしまいました(((o(*゚▽゚*)o)))

しかし、これまででは考えられないようなスピードで中学生が増えていく中で、これまではあまり現実味が薄かった問題も浮き彫りになってきました。それが大学生ボランティアの数です。

今まではまなサポスタッフと大学生ボランティア1名で回せていましたが、このペースで中学生が増えていくと受け入れを断らなければならなくなってしまう・・・そんなことをしなくてもいいように、早く大学生ボランティアを集めなければという話になりました。そのためこの日は大学生ボランティアの募集のやり方について個人の仕事にまで決めました。

色々な課題はありますが、フリスクに中学生が増えていくという大変嬉しいイベントが2回もあり、とても嬉しい月曜日でした。

ここまではまなサポ+1の報告でしたが、私個人からも皆様に報告があります(。-∀-)

それは私が書くブログがこれで最後ということです。9月も終わり、頼れる?後輩にバトンタッチができたので、これからは大学生ボランティアとしてまなサポと関わっていくつもりです。

なので月曜日のフリスクには基本的にいますが、チームのブログを書いたりすることはこれが最後になります。10月以降も立場を変えてまなサポ+1に関わっていくことの宣言としてあえてこの文章を付け足させていただきました。フリスクにはおりますので、また皆さん見つけたらぜひお声がけをお願いします!

では皆様!さようなら~~( ´∀`)/~~

龍谷大学政策学部教務課

〒612-8577

京都市伏見区深草塚本町67
Tel: 075-645-2285

© 2018 龍谷大学政策学部